前のページ
次のページ

<   2009年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

その名もブルース

c0108695_436094.jpg

沖縄本島の上の方、許田や恩納村の道の駅でしか売られていない幻のお菓子。その名も「ブルース」。
いや、その他の場所でもきっと売られてはいるのでしょうが、少なくともボクはその2か所でしか見たことがありません。

一見、蒸しパンかカステラかという見た目。その味はというと、見事にその中間!
モッチリ、シットリとした食感に、甘過ぎないけども実にしっかりとした甘味。はっきり言ってかなり美味しいです。腹持ちもグッド。

カスタード味とブルーベリー味があります。お値段は550円。
見かけることがあったら、ぜひぜひお買い求めください。他ではなかなか味わえない美味しさですよ。

そして、上記の2か所以外のお店で見かけることがあったら、ぜひぜひ教えてください。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-10 04:36 | ・島酒/島食物

与那国島と自衛隊

浜田防衛相が与那国島入りし、与那国町長と面談。島内を視察しました。与那国島へ自衛隊を配備するかどうかの検討のためです。

今回の視察は防衛相のゴリ押しではなく、与那国町からの誘致要請を受けてのもの。その誘致要請も「町人口の減少からの危機感」や「補助金を得たい」等々の住民の声からなされたものです。
昨年「与那国防衛協会」が行った署名運動では、誘致を求める多くの署名が集まりました。

また一方、今回の視察に対し、自衛隊誘致に反対する大勢の住民が集まり、プラカードを掲げ抗議をしました。決して誘致要請だけが島の声ではありません。


もし与那国島に自衛隊が配備されるとなると、沖縄では本島以外で初となります。

色々な資料や記事を読んだり、また自衛隊に所属している友人の赤裸裸な話を聞くと、確かにあの場所に自衛隊が駐屯することは、安全保障上意義があることかもしれない。という考え方も出来ます。

しかし、いち沖縄好きとして、またいち平和を愛する日本人として、これ以上沖縄の自然・文化・歴史に傷を増やすような軍備拡大はしないで欲しい!という気持ちも強く頭を擡げます。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-09 03:26 | ・島文化/島歴史

セクシーサー

c0108695_221057.jpg

那覇の国際通りのお土産屋さんの店頭で出会った、とっても色っぽいシーサー。その名も「セクシーサー」。そう、沖縄お得意の駄洒落ですね。

一見南国らしくビキニ姿かと思いきや、な、なんと、マッパではないですか!

シーサーは一般的に口を閉じている方が雌と言われます。うん、このセクシーサーちゃんも、ちゃんと口を閉じてますね。ニクいですね。

今度の渡沖のときまでずっとセクシーで待っていてくれるかな、セクシーサーちゃん。商品展開はしないのかな、セクシーサーちゃん。
後ろに見切れたお土産屋さんの「セブ島—」の看板同様気になるところです。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-08 02:02 | ・島文化/島歴史

七夕

今日7月7日は「七夕」ですね。
こちら東京地方は快晴。沖縄も気持ちよく晴れているみたいです。織り姫と彦星にとっても、今年は良い七夕になりそうですね。

皆さんは、短冊に願い事を書きましたか?ボクの願い事は「良くなりますように」です。全般的に欲張っている感じです。

まぁそんなことはいいのですが、沖縄にも七夕行事はあります。しかし笹に短冊、というのは戦後沖縄に入ったヤマト文化。沖縄の七夕は旧暦です。

沖縄の旧暦七夕は「お盆に備えて、ご先祖様を迎える準備をする」という日であるようで、お墓の掃除や修理、またかつて一部地域では洗骨などが行われていました。

また着物や書物などの虫干しが行われる日でもあったようです。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-07 11:09 | ・島文化/島歴史

下地島空港

c0108695_11274895.jpg

宮古島に隣接する下地島をでーんと貫く、パイロット訓練飛行場「下地島空港」。
この下地島空港が、定期便と訓練での公共用飛行場(第三種空港)として開港して、昨日7月5日でちょうど30周年でした。

1994年に定期便が運休して以来、乗降客も貨物もなくなり、現在はパイロット訓練飛行場としてのみ機能している下地島空港。現在ジャンボジェット機の訓練ができるのは、国内ではここだけだとか。(未確認)

我々観光客には一見関係なさそうな場所ですが、海に突き出た滑走路の周りの海沿いを細い道がぐるりと通っていて、絶景観光スポットになっています。
真上にジャンボジェットが飛んで行く様は圧巻。…らしい。というのも、訓練がお休みの土日ばっかり行っているので、まだ飛行機見れたことないんです。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-06 11:28 | ・島文化/島歴史

ちょっといい泡盛を飲む日

c0108695_19424535.jpg

今日は久しぶりのお休み。ゆっくり家にいます。お休みとはいえ片付けなければいけない仕事が山ほど溜まっていますので(それのどこが休みだ?)机に向かわなきゃなんないんですが、なんかダル〜くてやる気が起きず全然身体が動かない。

そんな時は自分を奮い立たせるため、気付けにほんの少しだけ泡盛でも飲みますか。贅沢に、ちょっといい泡盛でも。


先日近所の酒屋さんで買っておいた「瑞泉 古酒」。
瓶に「2005年 第21回 全国酒類コンクール 泡盛部門第一位」という首飾りが付いています。間違いなく「ちょっといい泡盛」。

お気に入りの琉球グラスに買って来たいい氷を入れ、ダブルほどの量の古酒を注ぐ。ぐるぐるかき混ぜたら、アルコールの角が取れるくらい、ほんの少量の硬水で割水。
それを仕事部屋に持ち込み、チビチビ。あ〜、まーさん(うまい)。

うん、やる気が出てきました。どれ、溜まっている仕事に順番に手を付けることにしますか。


あ、仕事前にお酒を飲んじゃったのはナイショね。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-05 19:43 | ・島酒/島食物

歌う選挙カー

c0108695_1119594.jpg

全国で議員選挙が告示されていますが、沖縄では「那覇市議会議員選挙」の真っただ中。明日7月5日が投票日です。

定数40に対し67人(現職38、新人26、元職3)が立候補するという、大激戦の様相です。

もちろんボクには那覇市の選挙権はないので、行きません。

ところで、現在那覇に滞在中のしーじゃ(先輩)から聞いてびっくりしたんですが、沖縄の選挙カー演説って歌うんですって。いったいどんな演説なんでしょう?一度遭遇してみたいものです。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-04 11:19 | ・島文化/島歴史

茶器で泡盛

c0108695_3354880.jpg

先日の「泡盛部」の部活動で、面白い泡盛の飲み方を試しました。
中国茶の茶器で泡盛を飲もう、の巻。ちょっとした遊びです。

泡盛の4合瓶が鎮座するテーブルに登場した、中国茶用の素焼きの急須と小さな茶碗のセット。

急須に溜めた泡盛をまず聞香杯に注ぎくぐらせ、それを茶杯に移す。泡盛部主宰の笹塚「升本屋」の店長さんが、流れるような見事な手際で淹れて…もとい、注いでくれます。

聞香杯に残った香りをまずは楽しんで、茶杯の泡盛をクイッと口へ運ぶ。

聞香杯に籠る香りはいつもより少しだけ鮮やかで、茶杯から飲んだ泡盛はいつもより少しだけ優しいような気がしました。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-03 03:36 | ・島文化/島歴史

まるたマイルド20度を発見

c0108695_1232314.jpg

最近初めて訪れた、隣町の沖縄居酒屋さんで「まるたマイルド20度」を発見!

「まるた」「山原くいな」で有名な田嘉里酒造所さんが、山原の地元のみで販売しているマイルドタイプの銘柄。先日山原を訪れた際に、その飲みやすさと味わい深さに驚嘆し、自分用のお土産として買って帰ったのですが、最近ちょうど飲み干してしまっていて寂しかったんですよ…。早速一杯注文。

相変わらずの飲みやすさとバランスの良さ。そのクセ、舌の奥まで染み込んでくるような芳醇な味わい。ん〜、でーじまーさん!(とっても美味しい)

内地ではめったに手に入らない地元密着の銘柄なので、また山原に行ったときに買い込んでくるしかないと諦めていただけに、近所で飲めることに大感激した夜でした。

しかし、前回の「オリオン スペシャル」といい(同じお店)、この「まるたマイルド20度」といい、マニアックな品揃えがステキなお店がよくぞ近所にあったモンです。また機会を見付けてステキラインナップをご紹介しますね。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-02 12:32 | ・島酒/島食物

オリオン スペシャル

c0108695_13133628.jpg

シャープ&ドライ!

前回の「オリオン リッチ」に続き、沖縄居酒屋さんで「オリオン スペシャル」を飲みました。

「リッチ」とは違い「スペシャル」は内地で販売されている銘柄ではないので、わざわざ沖縄から取り寄せているのでしょう。缶にアサヒのロゴが付いていないのも、提携している内地のアサヒ工場で作ったものではないという証拠。

「オリオン スペシャル」はオリオンビールが出している発泡酒3銘柄のウチのひとつ。
オリオン独自の「高発酵辛口醸造」という方式で糖度をおさえアルコール度数上げ作られた、沖縄の気候風土にマッチした辛口の生。雨上がりの蒸し暑い店内にピッタリでした。

とはいえ、泡盛や日本酒をしこたま飲んだ後に行った、2件目で注文した1杯だったので、正直ちゃんと味わって飲めたワケではなく…。こ、今度改めてもう一回飲んできます。
[PR]
by sin-cap | 2009-07-01 13:14 | ・島酒/島食物
前のページ
次のページ
カテゴリ
このブログについて
・島言葉
・島酒/島食物
・島文化/島歴史
・島自然
・島人
・島メモ
twitter
Twitter / sinpander
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
世界ランク1位
from Anything Story
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフィール

熊本生まれ、東京在住の沖縄好きデザイナー・岡山進矢が"てーげー"にお送りする美らブログをどうぞ、うさがみそーれ。