前のページ
次のページ

2009年 03月 17日 ( 1 )

古酒の飲み方

c0108695_26943.jpg

泡盛を飲むとき、新酒は水で薄く割りガブガブ飲み、古酒(くーす)は大事にストレートでチビチビ飲む。というのが通の飲み方だと言われます。

ですが、そんなもん厳格に守って飲んでいる人なんていやしません。だって泡盛は気軽で自由なお酒なんですもの。

ということですので、貴重な古酒の中でも水で割って飲んだ方が美味しいと感じられる銘柄と出会うことが度々あります。あくまで個人的な好みによりますが。

例えばボクの個人的な好みだと、石垣島の「白百合」や本島の「北谷長老」の古酒なんかは、水で割った方が香りが開き、味がまろやかになるように感じます。
とはいえそこは大事な古酒ですから、割る水にもこだわり、ミネラルウォーターで硬度を調整したりしながらチビチビやっています。


写真は先日、泡盛部を主宰する酒屋「升本屋」さんで飲んだ「北谷長老 限定古酒」。古酒表示改正前は15年古酒として販売されていたレアものです。
割り水にはコントレックスがよく合いました。
[PR]
by sin-cap | 2009-03-17 02:08 | ・島酒/島食物
前のページ
次のページ
カテゴリ
このブログについて
・島言葉
・島酒/島食物
・島文化/島歴史
・島自然
・島人
・島メモ
twitter
Twitter / sinpander
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
世界ランク1位
from Anything Story
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフィール

熊本生まれ、東京在住の沖縄好きデザイナー・岡山進矢が"てーげー"にお送りする美らブログをどうぞ、うさがみそーれ。