泡波

c0108695_13573967.jpg

夕べ開催の泡盛部。
テーマは、なんと幻の銘柄「泡波」でした。
わかるひとだけ、どうぞ驚いてください。


写真右から、ミニボトル、二合瓶、一升瓶、そして二升半瓶。
(後ろから覗いているのは泡盛部主催)


「升、升、半升(ますますはんじょう)」を意味する縁起の良いでっかい二升半瓶は、なんと沖縄在住の天才放送作家・キャンヒロユキ部員から部へのプレゼント。
部員一同、大感激+大興奮でした。
天才放送作家・キャンヒロユキさん、ありがとうございます!!


泡波は、その異常なまでにプレミアの付いた値段の高さから「値段ほど美味くない」と斜め目線で語られてしまうことも少なくありません。
ですが、その上品な香り、上品な甘さ、バランスの取れた味わいは、全泡盛のなかでも5本指に入るくらい美味しい銘柄なんじゃないか?と個人的には思っています。

いろんな意味でとても美味しく贅沢な部活でした!
[PR]
by sin-cap | 2012-04-27 13:57 | ・島酒/島食物
カテゴリ
twitter
Twitter / sinpander
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
世界ランク1位
from Anything Story
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフィール

熊本生まれ、東京在住の沖縄好きデザイナー・岡山進矢が"てーげー"にお送りする美らブログをどうぞ、うさがみそーれ。