人気ブログランキング | 話題のタグを見る

亜熱帯の植物

亜熱帯の植物_c0108695_1144070.jpg

沖縄は暑い時期、暖かい時期が長く、植物を育てる者にとってそれがとても羨ましくあります。

我が家の猫の額のような庭に所狭しと密生している、沖縄からやってきた南国植物達。ゴーヤー、パパイヤ、サンニン、バナナ、パッションフルーツ、シークヮーサーetc...。最近このかわいい植物達が、生長の勢いが弱まったり、部分部分茶色く変色したりと、あまり元気がありません。

それもそのはず。ここ東京はぐっと気温も下がり、すっかり秋模様なのです。

本場沖縄ではまだまだ暑い日が続いています。植物も一年を通じて生長を続けます。
パパイヤ、バナナなどは実が成り始めて熟すまで数ヶ月かかる植物。それを育む気候を有しない内地で収穫を期待するのは、そもそも間違えなんでしょうかねー。


写真は那覇の浮き島通りで見た、鉢植えのバジル。ええ?バジルってこんなに大きく育つもんなの? 我が家の庭のバジルくんの背丈は、この3分の1ほどです。げに恐るべし、そして羨ましい沖縄の温暖気候!


一時期心配した、我が家ゴーヤーに実が成らない問題。最近では枯れかけた蔓に10個を超える数の実をぶら下げ、実にけなげに頑張ってくれています。しかし、最近の気温の低下に伴い、大きく成り切れないまま黄色く色付いてしまう実がチラホラ。そういうものはパっと収穫してしまうのですが、あれって収穫した後もどんどん黄化、赤化して行っちゃうのですね。初めて知りびっくりしました。


まぁなんにせよ、我が家で育った植物というのはかわいいものです。
by sin-cap | 2009-09-26 11:45 | ・島自然
カテゴリ
twitter
Twitter / sinpander
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
世界ランク1位
from Anything Story
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフィール

熊本生まれ、東京在住の沖縄好きデザイナー・岡山進矢が"てーげー"にお送りする美らブログをどうぞ、うさがみそーれ。