前のページ
次のページ

<   2009年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

うりずん

c0108695_1533891.jpg

今週の頭から渡沖している、東京在住の沖縄マニア仲間のしーじゃ(先輩、年上の方)から、「琉球通信」のタイトルのメールで送られてきた写真。

真っ青で綺麗な海と島!飛行機から沖縄本島を撮ったものですね。どの辺だろう?解る人いますか?


沖縄は今、「うりずん」の季節。
うりずんとは「潤い初め」。植物が元気になる芽生えの時期。気候の良い春分から梅雨の前までの、初夏を指す言葉です。つまり沖縄の魅力が全開MAXになる季節なのです。

この時期に渡沖なんて、羨ましい限りです。


週初めにもらったそのメールには「こっちは結構寒くて沖縄らしくありません。」と書いてあったのですが、今日の那覇の天気を見ると「晴れ」。最高気温は28度。いやぁすっかり夏日和ではないですか。

ホント羨ましい…。

(ちなみに本日の東京の最高気温は23度。こちらもTシャツで散歩できました。)
[PR]
by sin-cap | 2009-04-30 15:04 | ・島自然

ポーク

c0108695_27212.jpg

沖縄ではポークをよく食べます。ポークと言うと、豚?
もちろん豚肉もよく食べますが、沖縄でポークというと豚肉そのもののことではなく、アメリカの「SPAM(スパム)」やデンマークの「TULIP(チューリップ)」などの缶詰入りポークランチョンミートのことを指します。

沖縄でのポーク人気は凄まじく、一番人気のチューリップの県内消費量はなんと、「ポーク生産量世界一」を誇る生産国デンマークの国内消費量を越えるというから驚きです。
そのため、デンマークの在日本大使は就任すると沖縄に表敬訪問するのが慣例になっているとか。

というわけで沖縄では、地元一番のメジャーメニューのチャンプルー類や、朝ご飯の定番ポーク玉子、はたまたおにぎりやみそ汁なんかにも、このポークが豪気に使われていたりします。
もちろんどれも、まーさん(美味しい)です。
[PR]
by sin-cap | 2009-04-29 02:07 | ・島酒/島食物

ポークの出し方

c0108695_10151746.jpg

前回の渡沖の際に、牧志公設市場の裏通りの食材屋さんでお土産(自分用)に買ってきていたポーク缶で、沖縄定番の朝ご飯「ポーク玉子」を作りました。

ポークを缶詰から出し、ちょっと厚めにスライスしてフライパンでカリカリに焼こうという算段なのですが、で、出ない。

ポークって、ホント缶詰から出し難いですよね。
結局缶尻に包丁で空気穴をあけ、缶の横を握力でグニグニ。その後ブンブン振り回してやっとこじ出したのですが、毎回コレだと大変だ。ゼーゼー…。

日常的にポークを食べている沖縄の皆さん。何か簡単にポークを缶から出す方法ってあるんでしょうか。
どうか教えてください。
[PR]
by sin-cap | 2009-04-28 10:15 | ・島酒/島食物

揚げ立てサーターアンダギー

c0108695_0555890.jpg

前回の「沖縄物産展」でご紹介した、揚げたてサーターアンダギーの写真がコレ。外はクリスピー、中はしっとり。
かじると、暖かいサックサクの中からじんわりと甘みが出てきます。
作り置きのものももちろん美味しいのですが、パサパサしていることが多いのでお茶等の飲み物と合わせないと辛い。しかし揚げ立てならそんなご心配は無用!


砂糖(サーター)を油(アンダ)で揚げる(アギー)からサーターアンダギー」。
写真のものは黒糖味。個人的には白砂糖のものではなく、この黒糖ものがオススメ。

内地にいるとなかなか揚げ立てに出会える機会は少ないので、興味がある方はぜひとも各地で行われる「物産展」に足を運んでみてください。
[PR]
by sin-cap | 2009-04-27 00:55 | ・島酒/島食物

東急東横店「沖縄物産展

c0108695_1219494.jpg

東急百貨店の渋谷駅・東横店で開催中の「第10回 沖縄物産展」に行ってきました。

渋谷駅は通勤等のターミナル駅にしていたので毎年そつなく通っていたのですが、引っ越しに伴い渋谷へ行く機会が減っていたので、今年は危うく見逃すところでした。危ない危ない。

毎年見かけるお店や、今年からの新規参入店も盛りだくさんで、楽しい楽しい!試食も試飲もたくさんして来ました。(いや、ちゃんと買い物もしましたよ)

沖縄訛り丸出しで喋る店員の兄々や姉々との会話も、魅力のひとつ。人柄がいい方多いのでやり取りがとても楽しいです。

沖縄の展示会って、活気があっていいですね!
週末(今日か!)にはエイサーもあるようです。渋谷へ御用がある方は、足を運ばれてみては!

オススメは揚げたてが買える「サーターアンダギー」!作り置きのものとは別格!と思えるくらい絶品なので、食べたことがない人はぜひ食べてみて。コチラは混んでいると揚げ立てにありつけないこともあるので、平日がベストかも。

沖縄物産展は30日(木)まで開催中!
http://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/
[PR]
by sin-cap | 2009-04-26 12:20 | ・島文化/島歴史

携帯ストラップ 後編

c0108695_19121932.jpg

(前回までの続き)

もうひとつ、琉神マブヤーの隣についているのは、竹富島の「南潮庵」というお店で買った木の実ストラップ。(前回写真参照
店主の兄々(お兄さん)が島の色々な木の実や島に流れ着いた木の実を使って、店内の工房でひとつひとつ手作りしています。

お店には他にも、木の実や流木で作られたペンダントやピアス等のアクセサリーや、ランプ等の置物もあり、どれもとてもセンスフル。

なんでも兄々は東京からの移住してきた方ですって。デザインやアパレル関係のお仕事でもなさってたのでしょうか?
お店の片側を陣取っていたオリジナルのTシャツ群がまたどれもセンスが良く、ストラップと一緒に購入した「台風13号Tシャツ」は現在ボクのTシャツコレクションの中でもお気に入りになっています。
そちらの紹介はまたいずれ。


以上、ボクの携帯ストラップあれこれでした。
[PR]
by sin-cap | 2009-04-25 19:14 | ・島文化/島歴史

携帯ストラップ 中編

c0108695_3321765.jpg

(前回の続き)
それで、現在はどんな携帯ストラップを付けているかというと——

琉神マブヤーのストラップ。
そして竹富島で買ったお守りストラップ。

琉神マブヤー」とは、昨年沖縄のテレビで放送されていた、大人気のご当地ヒーローもの。

国際通りのTシャツ屋さん「Tシャツ屋ドットコム」(ボクのブランド「エスケープ・ゴースト」もウェブ店に入っています)で、マブヤーTシャツ数点と一緒に買いました。
他にも、女性マジムン(怪人)「マングーチュ」のストラップも購入。こちらは只今出番待ち。

沖縄好き仲間にも嫌がらせ半分で、怪人「オニヒトデービル」をお土産として買っていってあげたのですが、その友人はその後自力で主人公・マブヤーのストラップを入手し、現在はそちらを付けているようです。

楽しいぜ、マブヤーストラップ!
たっぴらかす!(マブヤーの決めゼリフ)
[PR]
by sin-cap | 2009-04-24 03:34 | ・島文化/島歴史

携帯ストラップ 前編

c0108695_13533056.jpg

那覇の平和通りから壺屋に抜ける途中にある土産物屋で数年前に買った、石垣島の作家さんが手作り拵えたという「シーサー携帯ストラップ」。なんでも中にマース(塩)が入っていて、お守りでもあるんですって。まぁ何てったってシーサーですから。

1600円もしたのですが、そのあまりの可愛らしさに即購入。

その後、八重山(石垣島がある地域)に行ったら、あちこちで山積みになって200〜300円安く売ってありました。

それでもお気に入りはお気に入り。
購入した時の旅行中に覚えた沖縄弁「あしびなー(遊び場)」という名前が付いた彼。今では携帯ストラップの職は引退し、ボクの仕事場の棚にぶら下がって我が家を守ってくれています。
[PR]
by sin-cap | 2009-04-23 13:54 | ・島文化/島歴史

自家製コーレーグースー 改

c0108695_12414378.jpg

以前このブログでもご紹介しました「自家製コーレーグースー」。いい感じに色が付いてきました。
仕込んで3週間ぐらいで食べられる(食べられる?)そうなので、もう立派に出来上がってはいるハズなのですが、現在は市販品のコーレーグースーを使用中なので、まだ味はみていません。それはまた後日レポートしますね。

以前、ブログを見た沖縄仲間から「もっと唐辛子をたくさん入れた方がいい」と指摘をもらっていたのですが、今回引っ越しの片付けの中、戸棚から「乾燥島とうがらし」なるものを発掘していたので、それを追加投入することにしました。

瓶のふたを開けると、泡盛独特の芳香の中から、沖縄そば屋を思わせるツンとしたコーレーグースーの香りが。
むふふ、成熟しとる成熟しとる。

乾燥島とうがらし10g(約40〜50本くらい?)をポイポイっと投入。瓶をグルグルっと回し先住のものと馴染ませました。こんなてーげー(いい加減)な追加の仕方で良いのでしょうか。まあいいでしょう。

瓶を再び戸棚に戻し作業完了。
c0108695_1243563.jpg

[PR]
by sin-cap | 2009-04-22 12:43 | ・島酒/島食物

美らトイレ

c0108695_1239967.jpg

新居(といっても古家)ではトイレに飾りました「久米島の久米仙日めくりカレンダー」。

めくってみると、それほど沖縄色豊かってワケではなかったこのカレンダーですが、旧暦や六曜(大安とか仏滅とかのアレ)が載っていたり、親父の小言ふーじー(みたい)の何だか為になるいい言葉が書いてあったりと、何かと重宝しています。


凛々しいシーサーさん達とセットで置いてみました。どうでしょう。よく似合ってますよね。

このまま他にも沖縄の小物を飾ったり、写真を飾ってみたり、サンニン(月桃)のお香を焚いてみたりして、居心地の良い「美らトイレ」を作り上げていければいいなと企んでいます。

また楽しい変化があれば、レポートしますね。
(人んちのトイレなんか見たくないか、別に)
[PR]
by sin-cap | 2009-04-21 12:38 | ・島メモ
前のページ
次のページ
カテゴリ
このブログについて
・島言葉
・島酒/島食物
・島文化/島歴史
・島自然
・島人
・島メモ
twitter
Twitter / sinpander
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
世界ランク1位
from Anything Story
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフィール

熊本生まれ、東京在住の沖縄好きデザイナー・岡山進矢が"てーげー"にお送りする美らブログをどうぞ、うさがみそーれ。