前のページ
次のページ

カテゴリ:・島文化/島歴史( 172 )

8月15

日本は永久に戦争はやらないんだよ。
永久って何年か解ってるか。
1000年より、1万年より、1000億年より永いんだ。
ずっとだ。

たかだか60何年経ったくらいで
もうグラグラしてんじゃねぇよ、恥ずかしい。

8月15日、うーとーとー。
[PR]
by sin-cap | 2014-08-15 23:08 | ・島文化/島歴史

新宿伊勢丹大沖縄展

c0108695_132741.jpg

沖縄物産展には必ず現れるしんちゃん。

今日から関東No.1との呼び声も高い、新宿伊勢丹の大沖縄展がスタートしました。

午前の打ち合わせがたまたまメッチャ早く終わり、次の仕事まで一時間半ほどポコっと空いたので、そそくさと足を運ぶしんちゃん。

さすが大沖縄展。煌めくような泡盛酒造所さん達がたくさん出店されてます。
あちこちで試飲を勧められ天国のようですが、一応仕事中の身なので試飲は我慢…。

挨拶だけさせてもらい(あとクンクン嗅がせてもらい)、泡盛倉庫さんをすーみーして、イートインコーナーでお昼ご飯。

そこで食べたカレーそばが激マズで、しかもその後ひょんなことから試食させられたタバスコがもうアホかっつーくらい辛くて、汗を垂れ流しながら口のヒリヒリを抑えるために買いたくもないジェラートを買って食べたらこれが激ウマ。

あ〜楽しい。
[PR]
by sin-cap | 2014-07-24 01:03 | ・島文化/島歴史

ウッド三線

c0108695_2302432.jpg

練習用のウッド三線。
ヤマトの冬には向いてん(向いてない)なぁ…

乾燥してひっちースルスル滑る。
[PR]
by sin-cap | 2013-12-23 23:00 | ・島文化/島歴史

たーちぴーす

c0108695_0205930.jpg

本日(終了)と明日(月曜)、国際通りのてんぶす館にて行われる予定だった舞台が、
出演者の体調不良により延期。

代わりに豪華なゲストが複数人投入され、二日間楽しいエンタメライブが開催されます。

実はこのフライヤのデザイン、私しんが担当致しました。
縁起の悪いデザイナーだ、と言われないよう大成功に終わって欲しいです。

まぁ、このメンバーなら心配ご無用ですね。

オリジナルの舞台の方は6月再演される予定、とのことです。
その時は、ボクも観に行けたらいいなぁ。
[PR]
by sin-cap | 2013-01-28 00:21 | ・島文化/島歴史

沖縄のお仕事

c0108695_10213878.jpg

ありがたいことに、沖縄からいただくお仕事が増えてきました。

これを増やすのが今年の目標のひとつであったので、嬉しい限り。
今年ももうギリギリですけど。


ずっとやってるTシャツも、直近の夢である「泡盛ラベル」のお仕事も、この南風に乗っていい方向に向かって行けばいいなぁ。

そういえば逆パターンで、沖縄滞在中に内地のお仕事がバンバン入ってくる、なんてことも最近よく起こる出来事でした。


どれもまだ収入増に直結するようなものではないけれど、沖縄からのお仕事、沖縄がテーマのお仕事、そして沖縄にいて出来る内地のお仕事を全部合わせて月100万円稼げるようになったら、すぐ移住しようっと。
[PR]
by sin-cap | 2012-12-20 10:22 | ・島文化/島歴史

戦争反対。

c0108695_23261454.jpg

沖縄県宜野湾市、普天間基地に隣接して建つ「佐喜眞美術館」に『沖縄戦の図』という巨大な絵があります。
ぜひクリックして見てみてください。

実物ほどの迫力はないにせよ、戦争のおどろおどろしさを感じ取ることができると思います。
>>http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kyosei/okibattle.htm

今年の夏、この美術館を訪ね、この絵を目の前にしたとき思いました。
「戦争をするってことは、この絵の中に入り残りの一生を過ごすことなんだ」と。


今、自民党が戦争の準備をしています。
知ってますか?
知らない人は、これを見てください。
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/12/post_2519.html

これを読んで、自民党が出した憲法改正の草案が「戦争の準備以外に何か理由がある」とわかる人いたら教えてください。
安心したいです。
ボクには、どんなに考えても戦争の準備以外の目的がわかりませんので「自民党は戦争をやろうとしてる」と自分なりに断定して、ここにしたためます。

石原も「自民党が政権を獲ったら、協力して憲法改正をする」と言ってますし。
「九条が邪魔で北朝鮮に戦争するぞ、攻めるぞと言えない」とか「核兵器を持たないと他国に強く意見を言えない」とか豪語している石原がです。


今回の選挙で自民党が政権を取った場合、日本は数年以内に戦争をする、とボクは思います。


「攻撃しろ」「応戦しろ」「なめられるな」「核を持て」、想像力の無い言葉が世の中には飛び交っています。
『沖縄戦の図』の中に入って、残りの一生を過ごしてもいい、と考える人はどうぞ自民党に票を入れればいい。
自分や、家族、子孫がこの絵の中で生涯を過ごしていいと思うなら入れればいい。
戦争ってそういうこと。
ボクはそいつらを一生馬鹿にして、一生恨みます。


正直、消費税とか、経済とか、電気とか、年金とか、輸出入とか、とっても大事だけど戦争さえしなければどーだっていい。

この日本で、平和憲法に少しでも手を出そうもんなら選挙でケッチョンケッチョンに惨敗するんだぞ、ってことを自分のことしか考えてないジジイ共に思い知らせたい。
向こう100年は誰も平和憲法に手が出せないくらいの、痛い目に遭わせたい。

そう思いませんか。


家に帰り、車のおもちゃで無邪気に遊ぶ2歳の息子の顔を見て、ちょっと泣きそうになりました。
何でこの大事な大事な大事な大事な宝物を、あの脳みその腐ったジジイ共に捧げなきゃいかんのだ。
[PR]
by sin-cap | 2012-12-14 23:29 | ・島文化/島歴史

離島への本募集

c0108695_23202067.jpg

南大東島には本屋さんがありません。


子どもの頃から本ばかり読んで、大人になってからもマンガばかり読んでるボクに言わせればそれは由々しき問題だぞっ。

…ということで、二年前から段ボール箱に本をギュウギュウ詰めて南大東島の子ども達に送る、という偽善活動を行っています。


一年に1度、島の大切なお祭り「玉置報徳祭」が行われる11月1日に合わせて届くように。
三年前、ボクが南大東島を訪れた日でもあります。


お仕事させてもらってる出版社で余剰本やサンプル本を集めて回ったり、仲良くしていただいてる作家さんや漫画家さん、編集者さん達が提供してくださったりで、これまでにたくさんの本を送ることができました。

しかし今年は出版不況のせいか、ボクの初動が遅かったからか、まだ例年の4分の1ほどの冊数しか集まっていません。


そこで皆さんにご協力のお願い。
未就学児から中学生くらいまでの子向けに提供してイイよって余剰本がある方は、ご一報願えますか!
取りに行ける場所、量でしたら、来週受け取りに参上します。


※子ども達へのプレゼントではありますが「施し」の類いではないので、新品かそれに準ずる美品でお願い致します。
[PR]
by sin-cap | 2012-10-25 23:21 | ・島文化/島歴史

夢の楽器

c0108695_13301829.jpg

ついに一五一会を買いました!


正確に言うと、廉価版の姉妹品「奏生(カナイ)」ってヤツを買いました。
一五一会より一回り小さい、亀のような形のカワイイやつです。


「一五一会」とは、皆さんご存知の通りあのBEGINがギターと三線をミックスして作り上げた、とても簡単に弾けるという弦楽器。
ギターだと複雑なコードのほとんどを指一本で押さえることができるので、誰でも簡単に弾き語りができます。

その上、四本の弦のうち三本のちんだみ(チューニング)が三線と共通なので、三線のように爪弾くことも可能。

ギターと三線をかじっているがどちらも中途半端なボクにとっては、とても魅力的な楽器なのです。


実はボク、一五一会が発表された当時、雑誌の企画で「一五一会Tシャツ」のデザインを担当したことがあるんですよねぇ。
ぶっちゃけその時は、実物を全く触ったことなかったんです…

その時の分まで、これからこの奏生くんを張り切っていじり倒したいと思います。
[PR]
by sin-cap | 2012-09-05 13:31 | ・島文化/島歴史

イリオモテヤマネコの貯金箱

c0108695_1302478.jpg

最初に目撃したのは、恩納村のリゾートホテル。

その後石垣島や、アウトレットモールあしびなーなど各地で遭遇しましたが、ついに国際通りにまで進出していたとは!!

目つきがキュートな、イリオモテヤマネコの貯金箱。
グッと堪えて未だ購入はしていませんが、その憎たらしいカワイさにいつ財布の紐がゆるんでしまうかわかりません。

実はこういうの、好きです。
[PR]
by sin-cap | 2011-09-15 13:00 | ・島文化/島歴史

140万人

c0108695_13561918.jpg

沖縄の人口が140万人を突破したそうです。(8月1日現在)

沖縄は今、人口減少傾向にある日本で唯一(かどうかは調べていないのでわかりませんが)人が増えている県。

移住者が多いのはもちろん、脱出組のUターン率、そしてなんといっても自然増(子供が産まれる)率も高い沖縄。
なんでも戦後、一度も減ることなく増加を続けているのだそうです。

ニュースを聞き「いつかはボクもその仲間に!」と、将来の移住の夢をさらに熱くする沖縄マニアなのでした。
[PR]
by sin-cap | 2011-09-05 13:57 | ・島文化/島歴史
前のページ
次のページ
カテゴリ
このブログについて
・島言葉
・島酒/島食物
・島文化/島歴史
・島自然
・島人
・島メモ
twitter
Twitter / sinpander
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
世界ランク1位
from Anything Story
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフィール

熊本生まれ、東京在住の沖縄好きデザイナー・岡山進矢が"てーげー"にお送りする美らブログをどうぞ、うさがみそーれ。