前のページ
次のページ

2009年 11月 20日 ( 1 )

かまぶくおにぎり

c0108695_17275924.jpg

「ばくだん」とも「かまぶくおにぎり」とも呼ばれるこの食べ物。おにぎりのまわりに魚のすり身を纏わせ、油で揚げたものです。つまりその名の通り、蒲鉾おにぎり。

うちなんちゅー(沖縄人)に聞くと「小さい頃から食べてた」という人も「そんなもの見たことも聞いたこともない」という人もいらっしゃいます。地域的な料理なのでしょうか。今では本島でも八重山でも、あちこちで売られています。


かまぶく(蒲鉾)がイカスミ入りで黒かったり、中身のおにぎりがじゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)だったりピラフだったり、とバリエーションも豊富。
ちなみに写真のものはピリカラの「タコライス」。許田の道の駅で食べました。

共通するのは、食卓に乗る類いの料理ではなく、おやつとして食べられる軽食だということ。


蒲鉾とご飯の組み合わせですから、簡単に想像できそうな味だと思いがちですが、一度食べてみるとハッと目を見開いてしまうほどの美味しさ。一発で病み付きになります。
[PR]
by sin-cap | 2009-11-20 17:28 | ・島酒/島食物
前のページ
次のページ
カテゴリ
このブログについて
・島言葉
・島酒/島食物
・島文化/島歴史
・島自然
・島人
・島メモ
twitter
Twitter / sinpander
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
世界ランク1位
from Anything Story
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロフィール

熊本生まれ、東京在住の沖縄好きデザイナー・岡山進矢が"てーげー"にお送りする美らブログをどうぞ、うさがみそーれ。